ブログトップ

解 śūnya

Team-Kに支援金を届けたい!と思ったのは・・・

Team-Kのブースを見たことも、ご本人達にお会いしたことも私はありません。

出会いはTwitterでAIR JAM BOTをフォローしていたことから始まりました。
AIR JAM BOTのRTにTeam-Kがありました。

私は、ボランティア団体や募金を募る団体に、どんな内容でボランティアをしているか明確にしているか、押し付けがましい偽善な行動をしていないかを、とてもよく見るようにしています。
それは日本の某募金を募る団体の黒歴史が影響しています。

本当に被災者が喜ぶボランティアをしているのか・・・Team-Kは見事にやっていました。(他にも素晴らしい団体はいらっしゃるとは思いますが、私は音楽からの繋がりを優先して考えています。)
毎回、Tシャツ・バッチ・ステッカー・募金額・お米等の売上げを全て、イベント毎にされてたのと、被災地の方々の笑顔の写真、今の東北を伝える姿勢に感銘を受けました。

支援金にした理由は、物資を集めるより難しいのと、お金は物資よりも信用が必要だということ、車やらの免許がない私は物資を集めて送るのは無理なのと、シングルマザーの私1人では集めれる額が少なすぎるから・・・・そして何よりも、私の子ども達に2011年3月11日の東日本大震災よって、募金やボランティアについて感心と理解をもって欲しかったからです。

私の友人は被災しました。あの時の恐怖や願いは、子ども達は感じれていません。
やはり身をもって近しい人が経験しないと心が動きません。
「何故ママはお仕事のイベントで、募金活動をすることにしたのか」
について、息子は理解し娘は雰囲気で乗り気ですw
息子は「信念やな・・・」とつぶやいてました。

なんか文字にすると難しいなと感じながら、経緯についてでした。

次のブログに、募金の詳細を書きます☆

Team-K公式サイト

Team-Kの写真(Tumblr)

木更津のボランティア団体Team-Kとは?(NAVERまとめ)



[PR]
by kai_sunya | 2014-05-23 23:30 | イベント・チャリティ