ブログトップ

解 śūnya

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

3.11

こんにちは。

今日でやっと2年です。

私の知人、友人も被災した大きな地震。

沢山の人が亡くなり、行方不明になり、多くの繋がりが引き裂かれました。


ご冥福をお祈りいたします。


と、簡単に誰でも使える言葉ですので、私はこのたった一言で片付ける気はありません。



人間は生まれた限り必ず死にます。

心がすれ違い、二度と会えない事もあります。

いつかなんとかなる事はありますが、そのいつかが一生訪れないこともあります。

人の距離感は生きていても微妙で、死ぬと完全に根絶され、生き残り死ぬまでいつまでも先立たれた方々が心の中に居ます。

私自身は親友を亡くして3年経ちますが、未だに顔や髪型が似てる人を見つけてしまいます。

その方は素晴らしい方だったので、とても寂しくなったりもします。

人はいつか確実に亡くなります。

後を追いたくなる気持ちも勿論ありました。

死にたいと思う分生きる糧になります。

切り抜けれるとは簡単には言えません。その人その人の事情があります。

私は全部を拭えません。

だけど生きてるといろんな人に出会い 別れ 学び 愛し 愛され 変わっていきます。

自分の殻から抜け出せた人が味わえる喜怒哀楽です。

だらだらしてる時も、苦しんでる時、停滞してる時など自分が無駄に浪費してると感じる時間も勿論生きるために大事な時間なので、それがあってこそ成すことがあります。

焦らずじっくり苦楽を感じることが生きるということだと思います。


誰の所為じゃなく、壁を作るのは自分、他人の言葉を鵜呑みにして左右されるのも自分、終わるのも、進むのも自分。



「死者は生きているものに力と助言をさずける。」 【ホピ族】




[PR]
by kai_sunya | 2013-03-11 14:00 | 日記